肘の黒ずみに塩スクラブが良いって本当?

暖かくなってきて、半そでの洋服を着るようになると、肘のかさつきや黒ずみが気になることがあり、黒ずみ対策として塩を使ったマッサージをすることが話題になっています。

塩は、肌を引き締めたり、不要な角質を取り除いてつるつるの肌にしたりするためにスクラブとして使う場合がありますが、肘の黒ずみ対策としても利用することができます。

肌は、日光を浴びたり、刺激を受けたりすることで傷んでしまうことを防ぐために、メラニン色素を過剰に放出します。

肘は、曲げ伸ばしを毎日何度もするので、肌が酷使されており、衣服でこすれたり、肘をついたりすることでも刺激を受けて黒ずんでしまうことがあります。

また、感染や皮脂腺が少なく、乾燥しやすい部分なので、不要な角質がたまりやすく、透明感がないかさついた肌になりがちです。

塩を使ってマッサージすることで、使途の粒子がスクラブの役割を果たし、肌の上に蓄積している不要な角質を穏やかに取り除く効果があります。

マッサージの後、肌を柔らかくする効果と保湿効果がある乳液やクリームをたっぷりとなじませることで、肌のターンオーバーを促し、みずみずしく透明感がある肌に導くことができます。

お手入れをした肌は、透明感が増すので、黒ずみが目立ちにくく、きれいに見えるようになるのです。

a1

肘の黒ずみに尿素?

薄着の季節になると肘の黒ずみを気にする方がいますが、そんな肌の改善に尿素が有効ということをご存知ですか。なぜなら肘の黒ずみの原因はメラニン色素が沈着した角質です。

その色素沈着した角質が剥がれ落ちずに肌表面に蓄積することにより、なかなか改善できない黒ずみとなっているのです。

つまり、肌表面の角質を柔らかくし、ターンオーバーを促すことで古い角質が剥がれやすくなり、黒ずみのない肘にすることができるのです。

そしてそのような効果が期待できるのが尿素配合クリームです。尿素には硬くなってしまった角質を柔らかくする効果があります。そのため肌表面の角質を剥がれやすくして、ターンオーバーを促すことでできるのです。

さらに尿素には保湿効果もあり、乾燥してしまった肌に潤いを戻し、外部刺激から守る効果もあります。このように肘の黒ずみ改善には尿素配合クリームが効果的です。

しかし、肌が生まれ変わるには時間がかかります。そのため即効性はありませんが、毎日塗ることで次第に古い角質を落として潤いのある肌にすることができます。

症状を改善するためには辛抱強く、毎日ケアをし続けることが必要です。また、この成分は刺激が強いので、敏感肌の方が使う場合は注意が必要です。

a2

肘の黒ずみ対策には重曹を

普段自分ではなかなか目にする機会がないけれども、人からは目立ちやすい肘に、重曹を使ってお手入れをすることが注目されています。

肘は、関節部分なので、肌の伸び縮みがあり、服にこすれやすく刺激を受けやすい部分である上に、皮脂腺や汗腺が少なく、潤いを保ちにくいため乾燥しがちで、黒ずみができることがあります。

黒ずみは、刺激から肌を守るために、メラニン色素が過剰に分泌されたり、古い角質が肌に蓄積されたりすることで起こりやすいため、重曹を使ってマッサージをすることで、古い角質を取り除くことは肘の黒ずみ対策におすすめの方法です。

重曹と聞くと、お掃除アイテムやお菓子などを作るときのふくらし粉を思い出す人が多いと思いますが、温泉の成分でもあり、水に溶けると弱アルカリ性になるので、肌を柔らかくして、古い角質を取り除く効果が期待できます。

また、重曹の粒子が、穏やかに肌の角質を取り除くスクラブのような働きをするため、肘にたまっている余計な角質を取り除き、つるつるの肌になることができます。

重曹でマッサージをした後は、肌の乾燥を防ぐために、保湿力がある乳液やクリームをつけて肌を保護したり、ワセリンを塗って、水分の蒸発を防ぎ、肌をカバーすることも効果的です。

a3

ワセリンは効果ある?

気温が高くなり、半そでやノースリーブの洋服を着る季節になると気になるのが肘の黒ずみで、ワセリンでケアをすることが話題になっています。

冬の間にお手入れをさぼっている人は時に、半そでを着た時に肘の黒ずみが急に気になったという経験をしたことがある人も多いと思います。

肘の黒ずみは、肘が伸び縮みするときに皮膚が酷使されたり、洋服にこすれたりする刺激や乾燥、不要な角質の蓄積などによって引き起こされることが原因です。

油性の薄い膜を作って肌を守る働きがあるワセリンは、肌を刺激から守り、水分の蒸発を防ぐ効果があります。

肌本来の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーをサポートすることを期待することができるので、肘の黒ずみに効果的と言われています。

皮膚をしっかりとカバーして、肌の乾燥を防ぎながらも、副作用がほとんどないので、肌に余計な刺激を与えない使いやすさも人気の理由です。

ワセリンには、美白成分や保湿成分が含まれているわけではありませんが、肌が乾燥しやすく、かさつきが気になる人や刺激に弱く、荒れやすい肌が弱い人、きれいな肌を保ちたい人には、優しく肌を刺激や乾燥から守ることができるワセリンがおすすめです。

a4-2

お役立ちウェブサイトの紹介

肘の黒ずみについて、もっといろいろなことを知りたいなら、今から紹介するウェブサイトが役に立つでしょう。

こちらのウェブサイトでは、黒ずみ対策の商品のことなどがしっかりと掲載されています。実際にどんな対策をしようか悩んでいるなら、参考になるかと思います。